Starlight Ensign

UnityのHDRPでライトを消したのに画面が明るすぎるときの調整

環境光の設定項目は見当たらなかったので、カメラの絞りを調整する。数値を上げると画面が暗くなる。

Affinity Designerで複数枚のテクスチャを統合する方法


こんな感じのバラバラのテクスチャを元に


こんな感じの統合テクスチャを作成するのが目的。

作業の流れ

  1. Affinity Designerに元テクスチャを取り込む
  2. 同様にマスク用画像を読み込む
  3. マスク用画像を元にマスクを作成する
  4. 統合された結果をエクスポートする

肝になるのは、取り込んだ画像をそのままマスクとしては使えないという点。IDマップの元画像を取り込んだあと、それをソフト上で使用できるように一度レイヤを作成しなければならない。この部分で躓いたのでメモしておいた。
続きを読む

BlenderからのIDマップの出力の仕方(Blender Renderの機能を使う方法)

前にもまとめたが、もう少し効率のいい方法を見つけたので書いておく。

複数マテリアルあるものをひとまとめにしてUVを展開し、それに合わせてIDマップを作成するところまでを一連の流れにしたもの。
手順としては、UV展開までは前回同様で、その後の手順が異なる。

使うアドオン

  1. TexTools
  2. TextureAtlas
  3. Matertials Utils Specials

続きを読む

MusicBee で音楽ファイルを移動したときの処置

ライブラリ内のファイルを移動すると、「ソースファイルが見つかりません」と言われる状態になる。この時にやるべきことをメモしておく。
続きを読む

配置を対象にしつつ、物体自体は左右反転しないようにする

物体自体は左右対称にせずに、配置は対象にしたいときの方法。

  1. 複製したいものをgroupに入れる。
  2. group配置用のEmptyを作成する。
  3. Emptyのduplicationにgroupを指定する。
  4. 配置用メッシュを作成する。このメッシュは頂点の位置に置かれることを想定したオブジェクトで、配置作成のためにmirrorモデファイアを使ってもいい。
  5. Emptyを配置用メッシュの子にする。
  6. 配置用メッシュのduplicationをvertexにする。

これで配置用メッシュの頂点位置に対してemptyが複製されて、そのemptyの位置にgroupが複製される。
配置用メッシュの作成にmirrorモデファイアを使っていたとしても、emptyの座標系に従ってgroupが配置されるため、配置されたオブジェクトの左右が反転することはない。